スロット課外授業-人間設定1でも6でもいいじゃない-

スロット機種別の天井・ゾーン・設定判別・スペック解析攻略情報をいち早くお届け!天井・ゾーン・設定判別や実戦前のスペック解析の把握などに活用ください。

北斗の拳-強敵- 天井・ゾーン・設定差・スペック解析

      2016/11/20

パチスロ 北斗の拳-強敵-©武論尊・原哲夫/NSP1983,©NSP2007 版権許諾証YFC-128 ©Sammy

サミーのパチスロ北斗の拳-強敵-の天井・ゾーン狙い目や設定判別要素、基本スペックといった解析攻略情報一覧です。

今後新たな解析が判明次第随時更新していきます。

北斗七星を体現した新筐体を引っさげての登場となる強敵(とも)ですが、スペックは新基準AT機でATは差枚数管理タイプとなっています。

また北斗カウンターや「ひでぶ」を貯める自力CZ伝承の刻など歴代シリーズで好評だったシステムもしっかりと組み込まれているようですね。

<–スポンサード リンク–>

 

主要解析まとめ

※タップで各項目へ一発ジャンプできます。

基本スペック

AT初当たり確率

設定1:1/432.8
設定2:1/411.7
設定3:1/386.0
設定4:1/361.1
設定5:1/326.2
設定6:1/291.6

機械割

設定1:97.6%
設定2:98.7%
設定3:101.4%
設定4:103.4%
設定5:107.2%
設定6:113.1%

天井恩恵

・AT間1568G+前兆消化でAT当選が確定。

※設定変更で天井までのゲーム数はリセット。

天井狙い目

・天井狙いは通常時1050Gハマリ付近が目安。
・非ゲーム数管理タイプのため、狙い目ゾーンもなし。

やめどき

・やめどきの基本は引き戻しステージ転落後に即やめ。

打ち方(※逆押し)

・右リール上段付近に北斗絵柄を狙い、停止形に応じて中・右リールを打ち分ける。
・上段北斗絵柄停止時は左リールにチェリー狙い、中段or下段スイカ停止時には中・右リールスイカ狙い。

各レア小役の停止形

・角チェリー⇒角チェリー
・中段チェリー⇒中段チェリー
・右上がりスイカ⇒弱スイカ
・中段スイカ⇒強スイカ
・中、右リールベルテンパイハズレ⇒弱チャンス目
・中リール中段北斗絵柄、右リール下段に赤7or北斗絵柄停止⇒弱チャンス目
・スイカテンパイハズレ⇒強チャンス目
・JAC揃い⇒JAC

 

<–スポンサード リンク–>

 

設定差解析

設定差のある小役確率

中段チェリー:1/230.0~1/201.7
弱スイカ:1/131.1~1/117.0
強スイカ:1/399.6~1/313.6
強チャンス目:1/1260.3~1/910.2
上記4役合成:1/65.5~1/56.2
完全ハズレ:1/32.3~1/35.1

POINT

・出現率に設定差のある小役は全5役。
・完全ハズレは低設定ほど出現率アップ。
・中段チェリーor弱スイカor強スイカor強チャンス目は高設定ほど出現率アップ。
(※中段チェリーのみ設定1~3の設定差はなし)

AT後の高確以上移行率

高確へ:12.5%~35.2%
前兆へ:0.4%~1.2%

POINT

・AT終了後の高確or前兆移行率に大きめの設定差あり。
・内部状態を完璧に特定することはできないため、高確示唆演出で状態を判断する必要あり。

角チェリー・弱チャンス目経由のCZ当選率

設定1~3:0.8%~3.1%

POINT

・角チェリー、弱チャンス目からのCZ突入を複数回確認できれば高設定期待度アップ。
(※設定1~3には設定差なし)

高設定確定パターン

上乗せバトル・継続バトル

★+333枚上乗せ=設定4以上確定
★+331or+60枚上乗せ=設定6確定

継続バトル

★トキのカットイン付き追撃発生=設定5以上確定

北斗乱舞

★+60枚上乗せ=設定6確定

POINT

・+60枚or+331枚上乗せ、+333枚上乗せ、トキ追撃パターンは設定狙いに関わらず丸暗記必須。
※継続バトルに関しては相手が「シンorサウザーorラオウ」の場合(兄弟バトルは対象外)。

ゾーン振り分け

・北斗の拳-強敵-は非ゲーム数管理タイプで狙い目となるゾーンは一切なし。

通常時ゲームフロー

<液晶ステージ>
・「ハート/シュウ/ジャギ/ラオウ」の4ステージが存在。
・ジャギステージ、ラオウステージは上位状態示唆ステージ。
・ステージチェンジのカットイン別期待度は「稲妻(小)<稲妻(大)<稲妻(キリン柄)<レイカットイン」
※レイカットインはラオウステージ移行が確定。
★ステージ移行の法則が崩れた場合はチャンスアップ。

ステージ移行の基本法則

ハート⇒シュウ
シュウ⇒ハートorジャギ
ジャギ⇒ハート
ラオウ⇒ハートorシュウorジャギ

 

<北斗カウンター>
・北斗シリーズではお馴染みのシステムで「スイカ/中段チェリー/強チャンス目」成立時に点灯。
・「中段チェリー=中央7セグ」「弱or強スイカ=画面左下」「強チャンス目=画面右下」で32G間のカウントが開始。

<七星ランプ>
・北斗カウンター作動時には七星ランプが1つずつ点灯、全てのカウンターが「0」になった時点でATorCZ突入抽選が発生。
・CZ当選時には「伝承の刻」or「七星乱舞」どちらかに振り分け。

七星ランプ消滅時のCZ当選率

1個:3.1%
2個:6.3%
3個:25.0%
4個:50.0%
5個:66.7%
6個:80.0%
7個:CZ確定
8個:AT確定

 

<伝承の刻>
・20G継続の自力CZで貯めた「ひでぶ」がそのままAT当選期待度となる。
★100ひでぶ到達時には北斗揃い確定。
★消化中の強チャンス目orJAC成立時には100ひでぶ獲得確定。
・最終ゲームでは必ずバトルに発展し相手キャラによって勝利期待度を示唆。
・キャラ別の勝利期待度は「ハート<シュウ<ジャギ<アミバ」の順でアップ。

<七星勝舞>
・7G継続の自力CZで1GあたりのAT期待度は約22%、トータルでのAT当選期待度は約83%。
・神拳勝舞のように毎ゲームバトルが発生し、バトル勝利でAT突入確定。
・対戦相手別の勝利期待度は「若き日のラオウ<若き日のジャギ<若き日のトキ」の順でアップ。
★消化中の強チャンス目orJAC成立時or北斗乱舞図柄揃いは北斗揃い確定。

北斗揃い確率と恩恵

・強敵の北斗揃いはATレベル3or4が確定となることに加えて、上乗せ特化ゾーンである「北斗乱舞」突入も確定。

JAC揃い確率と恩恵

・通常時の成立は北斗揃いが確定。
(※CZ中も同様で伝承の刻中なら100ひでぶ獲得から北斗揃い、七星勝舞中なら勝利後に北斗揃い)
・AT中の成立は差枚数直乗せに加えてスペシャルエピソード突入が濃厚となり「北斗乱舞」突入に期待が持てる。

AT情報

<AT「激闘乱舞」>
・差枚数管理のATで純増枚数は約2.8枚/1G
・初当たり時には100枚以上の保障あり。
・バトル継続時には再度初期差枚数を決定した後に次セットがスタート。
・ケンシロウの攻撃パターンによって次セット初期枚数上乗せ期待度が変化。
⇒「パンチorキック<北斗百裂拳<レイ攻撃<北斗剛掌波」
・ケンシロウの攻撃ヒット後に追撃が発生した場合には上乗せ枚数が増加、追撃キャラがトキだった場合には大量上乗せに期待が持てる
・AT継続率はATレベルの他滞在ステージよって変化。
・ATレベルは1~4の4段階、ステージは「宿命<覇道<激闘<闘神」の4段階。
・北斗揃いはATレベル3以上が確定。
・継続バトルでは各ステージに対応したキャラが登場する。
(※「宿命=シン/覇道=サウザー/激闘=ラオウ/闘神=兄弟」)

<AT中のステージ別継続期待度>

ATレベル 宿命 覇道 激闘 闘神
Lv1 50% 60% 79% 100%
Lv2 55% 67% 84%
Lv3 67% 79% 89%
Lv4 79% 89% 95%

※継続バトル中にレア小役が成立した場合には復活抽選も行われるため、実際の継続率は上記よりも若干アップする。

<上乗せバトル>
・最大2G継続のバトルで勝利すれば枚数上乗せが発生。
★リュウガに勝利した際には100枚以上の上乗せが確定。

<スペシャルエピソード>
・七星カウンターが0になることで突入となりエピソード終了後には継続バトル勝利が確定or強敵昇天演出へ。

強敵昇天

・強敵昇天演出が発生すれば北斗乱舞突入が確定。
・ポイント(MAX20pt)で管理されており、0ポイントまで減らすことで発生する。
・北斗揃い成立時は20ポイント減算確定。
・スペシャルエピソード発生時は最低でも10ポイント減算、20ポイント減算からの強敵昇天にも期待が持てる。

トキストック・レイ同行の恩恵

・AT中のトキ・レイ同行時の恩恵は「世紀末救世主伝説」を踏襲。
・トキストックは複数ストックする可能性もあり、ストック消化後の次セット初期枚数は100枚以上。

百裂モード

・移行すれば継続バトル勝利時には3ケタ上乗せ確定
・突入率には設定差もあり設定3が最も優遇されている。
・見た目上は普通のATと変わらないため、突入を察知することはできない。

シャッフルモード

・継続バトル突入直前のゲームで第3停止ボタンを約5秒押し続けることで移行。
・シャッフルモード時は滞在ステージに関係なくランダムで対戦相手が登場する

上乗せ特化ゾーン

・「北斗の拳-強敵-」の上乗せ特化ゾーンは「北斗乱舞」のみ。

北斗乱舞

・北斗図柄揃いから突入となる枚数上乗せ特化ゾーン。
・1セット7G継続し北斗三兄弟による上乗せ演出が発生。
・セット継続の可能性もあり。
・「ケンシロウ<ラオウ<トキ<三兄弟」の順に大量上乗せ期待度アップ。
・奥義が炸裂、プッシュボタン・キリン柄が出現すれば大量上乗せに期待。

曲・歌・BGM変化条件と恩恵

・継続バトル中に特定条件を満たしていた場合には楽曲が変化することあり。
・特定連チャン以下での楽曲変化で強敵昇天確定となるパターンもあり。
・赤7揃い時の北斗テンパイ稲妻音発生で北斗揃いに昇格確定。
・北斗乱舞突入時にセブンフラッシュ音が発生した時点で北斗乱舞3セット以上継続が確定となる。


北斗の拳-強敵-の導入日は9月7日、導入台数は約65,000台を予定しているようです。

例のごとくコイン持ちを50枚あたり44Gとよくした分、初当たり確率を1/432.8(設定1)と重くしたスペックとなっています。
(※設定1のAT平均獲得枚数は約440~450枚前後になりそうです)

 

ゲーム性は今までの北斗シリーズを打ち慣れている場合にはとっつきやすそうですが、大きく異なっているのは差枚数管理タイプという点ですかね。

ATは継続率で管理されており、継続抽選をパスすれば再度初期差枚数を決定して次セットがスタート。

また今回の北斗揃いは強力な上乗せ特化ゾーン「北斗乱舞」の突入契機となっているようで、歴代北斗シリーズ最強の北斗揃いとのことでポテンシャルは高そうです。

記事下アドセンス

<--スポンサード リンク-->

 - は行