スロット課外授業-人間設定1でも6でもいいじゃない-

スロット機種別の天井・ゾーン・設定判別・スペック解析攻略情報をいち早くお届け!天井・ゾーン・設定判別や実戦前のスペック解析の把握などに活用ください。

プリシラと魔法の本

   

スロット プリシラと魔法の本©NET CORPORATION

NETのスロット「プリシラと魔法の本」の天井やゾーン、設定判別要素やスペックといった解析攻略情報一覧です。

今後新たな解析情報が判明次第、随時更新していきます。

擬似ボーナスと純ボーナスで出玉を増やしていくタイプで、ART(擬似ボーナス)純増枚数は約1.8枚/1Gとなっています。

NETの人気コンテンツ「シンデレラブレイド」のプリシラが主役となっていますが、シンデレラも登場するようですよ!

<–スポンサード リンク–>

 

主要解析まとめ

※タップで各項目へ一発ジャンプできます。

※【11/10】朝一リセット台の天井狙い目を追加。
※【11/3】ロングフリーズ解析情報を追加。
※【10/19】天井狙い目とやめどき、打ち方と設定差解析を追加。

基本スペック

クロノボーナス確率

設定1~6:1/252

擬似BIG確率

設定1:1/443
設定2:1/424
設定3:1/397
設定4:1/348
設定5:1/306
設定6:1/263

擬似REG確率

設定1:1/682
設定2:1/643
設定3:1/602
設定4:1/527
設定5:1/464
設定6:1/399

機械割

設定1:97.6%
設定2:98.6%
設定3:100.0%
設定4:103.4%
設定5:106.5%
設定6:110.1%

天井性能

・ロング周期を6周期消化することで擬似ボーナス確定(約864G+前兆)

※設定変更で天井までのゲーム数はリセット。
※リセット時は天井が1周期短縮(最大5周期)。

天井狙い目

・天井狙いは620Gハマリ以上が目安。
・リセット台なら480Gハマリ以上から。
※途中クロノボーナスを挟んでも天井までのゲーム数はリセットされない。

やめどき

・ロング周期リセット後のプリシラの館を抜けるまで回してからやめる。

打ち方

・左リール上段にBARを狙いつつ右リールを適当打ちし、スイカテンパイ時は中リールにもスイカ狙い。

各レア小役の停止形

・角リンゴ+右リール中段にリプレイ⇒弱リンゴ
・角リンゴ+右リール中段にリプレイ以外⇒強リンゴ
・中段リンゴ⇒中段チェリー
・右下がりスイカ⇒弱スイカ
・上段スイカ⇒強スイカ
・右下がり「ベル・スイカ・ベル」⇒弱チャンス目
・中段「リプ・リプ・リンゴorスイカ」⇒弱チャンス目
・スイカテンパイハズレ⇒強チャンス目

 

<–スポンサード リンク–>

 

設定差解析

擬似ボーナス確率

【疑似BIG】
設定1:1/443
設定2:1/424
設定3:1/397
設定4:1/348
設定5:1/306
設定6:1/263

【疑似REG】
設定1:1/682
設定2:1/643
設定3:1/602
設定4:1/527
設定5:1/464
設定6:1/399

POINT

・擬似BIG、擬似REG確率は高設定になるほど優遇される。
※純ボーナス(クロノボーナス)確率には設定差なし。

通常時クリアポイント

・高設定になるにつれて、ショート・ミドル・ロングのいずれに関してもクリアポイントが低めに設定される可能性がアップ。
⇒レア小役なしでの擬似ボーナス当選が多いほど高設定期待度アップ。

ゾーン振り分け

<タイムリンクシステム>
・ショートは約12G(1時間)、ミドルは約36G(3時間)、ロングは約144G(12時間)で1周期となっており、それぞれの周期到達時には各種抽選が行われる。
・ロング到達時には約1/3で「プリシラの館」へ移行する。

通常時ゲームフロー

<ジャッジステージ>
・ミッションにクリアすることができればボーナス確定。

<リベンジゾーン>
・突入時点で激アツとなる特殊ゾーン。

ボーナス概要

<クロノボーナス>
・純増102枚の純ボーナスで、消化中に獲得した宝玉でボーナス後の小役を強化できる。

<擬似BIG>
・純増約120枚の擬似ボーナス。
・前半部分でキャラを強化し、後半部分のバトルへ挑む。
・バトル勝利でボーナスストック確定&「解魔の儀」へ移行。

<擬似REG>
・純増約90枚の擬似ボーナス。
・ミッション成功でボーナスストック確定。
・ボーナスストックは最大3個。

<解魔の儀>
・バトル勝利後に突入し、最大で5個までボーナスをストックすることあり。

フリーズ

・ロングフリーズ確率は約1/16384。
・ロングフリーズ恩恵はプリシラボーナス5個ストック。

PV

 


スロット「プリシラと魔法の本」の導入日は10月17日、導入台数は約5,000台予定となっています。

ネットの機種ではお馴染みの周期管理システムを採用しており、今回は「ショート/ミドル/ロング」の3種類の周期が存在。

ゲーム性は違えど、擬似ボーナスと純ボーナスで出玉を増やしていくという仕様は、「スーパーブラックジャック2」もそうでしたね。

 

最近NETの機種は中々ヒット作がないので、人気コンテンツのスピンオフ作品で巻き返しを狙いたいところですが、果たして導入後の稼働状況は如何に・・・?

導入台数が少なく、バラエティ向きの機種というのが既にネガティブ要素の一つですけどね(^^;

記事下アドセンス

<--スポンサード リンク-->

 - は行