スロット課外授業-人間設定1でも6でもいいじゃない-

スロット機種別の天井・ゾーン・設定判別・スペック解析攻略情報をいち早くお届け!天井・ゾーン・設定判別や実戦前のスペック解析の把握などに活用ください。

バーチャファイター 天井・ゾーン・スペック解析

      2016/11/23

パチスロ バーチャファイター©タイヨーエレック

タイヨーエレックから登場のパチスロ「バーチャファイター」の天井・ゾーン狙い目とやめどき、スペックなどの解析攻略情報一覧です。

バーチャファイターの通常時は周期で管理されており周期到達後はCZへ突入、ここで勝利すればAT当選というゲームフローですね。

バトルには「勝利/引き分け/敗北」の3パターンがあり、引き分けの場合に自力CZ「J6研究所」へ移行となるのはちょっと斬新かも。

またAT中は前半・後半の2部構成となっており、前半で幻球を貯めるほど後半の継続バトルが有利になるという流れで、バーチャファイターにも球が絡んでくるようですね(笑)

<–スポンサード リンク–>

 

主要解析まとめ

※タップで各項目へ一発ジャンプできます。

基本スペック

AT初当たり確率

設定1・・・1/274.2
設定2・・・1/265.2
設定3・・・1/252.4
設定4・・・1/224.4
設定5・・・1/200.2
設定6・・・1/177.3

機械割

設定1・・・97.3%
設定2・・・98.8%
設定3・・・100.7%
設定4・・・105.2%
設定5・・・109.5%
設定6・・・115.4%

天井性能

1.15周期目のチャレンジャーバトルで必ず勝利する(=AT確定)。

2.5or10周期目のチャレンジャーバトル敗北後には、必ずJ6研究所に突入。

※設定変更で天井までのゲーム数はリセット。

天井狙い目

・天井狙い目は10周期目の手前(約670G)が目安。

ゾーン狙い目

・基本は残り20日以内の台を狙う。
・チャレンジャーバトルに4回当選している台であれば、残り60日以内にボーダーを優遇。

やめどき

・AT終了後にバトルコインで0であれば即やめしてOK。

打ち方

・左リールにBARを狙い、停止形に応じて中、右リールを打ち分ける。
⇒角チェリー停止時は右リールにVS絵柄狙い。
⇒枠内スイカ停止時は中、右リールにもスイカ狙い(中リールは白7、右リールはVS絵柄が目安)。

各レア小役の停止形

・角チェリー+右リール中段にリプレイ停止⇒弱チェリー
・角チェリー+右リール中下段にVS絵柄停止⇒強チェリー
・角チェリー+中リール「リプ/ベル/リプ」停止⇒強チェリー
・中段チェリー⇒最強チェリー
・右下がりベル⇒チャンスベル
・右下がりスイカ揃い⇒弱スイカ
・スイカ小V字型停止⇒強スイカ
・上段スイカ揃い⇒強スイカ
・左リール3連スイカ+中段スイカ揃い⇒最強スイカ

 

<–スポンサード リンク–>

 

設定差解析

AT初当たり確率

※スペック解析欄に記載

POINT

・高設定ほどAT突入率が優遇。

通常時チャンスベル確率

バーチャファイター チャンスベル確率

POINT

・通常時のチャンスベル確率にそこそこ大きめの設定差あり。

九刻之儀突入率

バーチャファイター 九刻之儀突入率

POINT

・高設定ほど九刻之儀突入率が優遇。
⇒高設定は周期到達が早い。

J6研究所突入率

バーチャファイター J6研究所突入率

POINT

・設定差は大きくはないが、高設定ほどJ6研究所に突入しやすいといった特徴もあり。

チャレンジャーバトル勝率

バーチャファイター チャレンジャーバトル勝率

POINT

・高設定はチャレンジャーバトル勝率が優遇されている。
⇒設定1~3と設定6では4倍の設定差。
※天井到達時の当選は除外。

デュラルコア破壊当選率

バーチャファイター デュラルコア破壊当選率

POINT

・CZ最終ゲームのデュラルコア破壊当選率は高設定ほど優遇。
⇒チャレンジャーバトル勝率と同じく、設定1と設定6では4倍の設定差。

高設定確定演出

【サンクチュアリのゲーム数決定ルーレット】
★「4・5・6」=設定4以上確定
★「5・6」=設定5以上確定
★「6」=設定6確定

POINT

・サンクチュアリのゲーム数決定ルーレットには高設定確定パターンあり。
※内部的に50or100G選択時にのみ発生する可能性がある。

通常時ゲームフロー

<通常時のステージ>
・「アキラ/パイ/ジャッキー/影丸」が存在。
・ジャッキーは高確示唆ステージ。
・影丸は九刻之儀前兆ステージ。

<(真)九刻之儀>
・日数減算のチャンスステージで突入時の減算期待値は約75日。
※日数は100日経過することで『バトルコイン』をストック⇒『チャレンジャーバトル』へ突入。

・真・九刻之儀は日数大量減算のチャンスで突入時の減算期待値は約160日。

<チャレンジャーバトル>
・通常時100日消化orバトルコインを使用して突入。
・勝利した場合はAT当選、引き分けなら自力CZ「J6研究所」へ移行、敗北した場合はバトルコインがあればCZ再突入、ない場合は通常へ転落。

<J6研究所(ハイパー)>
・自力CZで規定ゲーム数内でバトル勝利orデュラルコア破壊成功でAT当選(AT期待度約40%)。
・突入時の10%でハイパーに移行、AT期待度は約75%となる。

AT情報

<AT『BIG BONUS』>
・前半「20~100G」(初回は30G)、後半「継続バトル(最大16G)」で純増は約2.5枚/1G。
・白7を揃えた際に変化した色で継続期待度を示唆。
・継続率は約75%~92%となっており、AT前半パートの「サンクチュアリ」で幻球を貯めるほど後半の継続バトルが有利に。
※使わなかった球は次回に持越しとなる。

・幻球は「赤/緑/黄」の3つがあり

赤(連)⇒バトルでコンボ発生
緑(攻)⇒バトルで先制攻撃
黄(防)⇒バトルで1回ガード

 

・バトルはレア小役or幻球揃いでアキラ攻撃、ベルでアキラガード、ハズレ目は相手攻撃
※幻球ストック時はハズレ目成立時に自動で使用。

・バトルは対戦相手によっても期待度が変化。

フリーズ

・プレミアムフリーズ確率は約1/102972~1/95171。
・フリーズ恩恵は「EXモード」。
・EXモード=白7揃いの度にATセット数をストックする。
(※継続率は70%固定、最低保証は1回)


私は格ゲーは好きなんですがバーチャファイターはプレイしたことないんですよねー><

このバーチャファイターはAT継続バトルは成立役とサンクチュアリで貯めた幻球が鍵となってくるシステムです。

継続バトルは成立役と前半パート『サンクチュアリ』で如何に幻球を貯めることができるかが鍵ですね

また幻球はハズレ目成立時に自動で発動するようなので、うまいことハズレ目を引かずに勝利できれば次セットに幻球を多く持ち越せますね^^

またBAR揃い、バトルが15G継続した場合も勝利となる模様です。

AT突入時に白7を揃えた際に変化する色で継続期待度を示唆しているようですが、幻球の貯まり具合が違うのかな??

スペックやゲーム性はさておきこの台はかなりリール演出が派手なようなので、過度な煽りが多すぎないかどうかってのも打ち手にとっては評価基準の1つとなってくるのは間違いないですね(爆)

記事下アドセンス

<--スポンサード リンク-->

 - は行