スロット課外授業-人間設定1でも6でもいいじゃない-

スロット機種別の天井・ゾーン・設定判別・スペック解析攻略情報をいち早くお届け!天井・ゾーン・設定判別や実戦前のスペック解析の把握などに活用ください。

サイコパス 天井・ゾーン・設定差・スペック解析

      2016/11/19

(注目記事)設定6確定画面が出た番長3を閉店までブン回した結果・・・

京楽のパチスロ「サイコパス」の天井・ゾーン狙い目とやめどき、設定判別要素やスペックといった解析情報です。

今後新たな解析が判明次第、随時更新していきます。

スペックは純ボーナス+ARTタイプでボーナス確率が非常に軽めなことや、ART初期ゲーム数が必ず100G以上でスタートするなど中々特徴的な仕様となっています。

<–スポンサード リンク–>

 

主要解析まとめ

※タップで各項目へ一発ジャンプできます。

基本スペック

ボーナス確率

設定1~6:1/99.9

ART確率

設定1:1/540
設定2:1/509
設定3:1/472
設定4:1/426
設定5:1/381
設定6:1/339

機械割

設定1:97.3%
設定2:98.6%
設定3:100.6%
設定4:104.5%
設定5:106.8%
設定6:113.1%

天井性能

※現在調査中

 

<–スポンサード リンク–>

 

通常時ゲームフロー

※現在調査中

ボーナス情報

・8G継続で約48枚獲得可能の純ボーナス。
・通常時のボーナスはART抽選、ART中にはゲーム数上乗せ抽選を行う。
・ART当選期待度は約18~30%
(※高設定ほど当選率が優遇)

ART情報

・ART初期ゲーム数は100G以上、純増枚数は約1.8枚/1G
・ART中のメーターMAXでゲーム数上乗せのチャンス。


パチスロ「サイコパス」の導入日は12月以降、導入台数は約10,000台予定となっています。

ボーナス確率が軽めな代わりに1回あたりの獲得枚数は少なく、通常時のボーナスはART当選をかけたCZとしての役割、ART中のボーナスはゲーム数上乗せゾーンとしての役割の比重が大きそう。

基本的には純増約1.8枚/1GのARTメインで出玉を増やしていく流れとなりますね。

 

ART初期ゲーム数は最低でも100G、ART初当たり一回あたりの期待獲得枚数は550枚以上ということで、ART性能は中々高そうです。

そしてボーナス経由のART突入率に設定差ありということで、ボーナス中のART抽選内容の詳細も気になるところですね。

現時点では情報があまり出揃っていないため、続報を今暫くお待ち下さい。

記事下アドセンス

<--スポンサード リンク-->

(注目記事)設定6確定画面が出た番長3を閉店までブン回した結果・・・

 - さ行