スロット課外授業-人間設定1でも6でもいいじゃない-

スロット機種別の天井・ゾーン・設定判別・スペック解析攻略情報をいち早くお届け!天井・ゾーン・設定判別や実戦前のスペック解析の把握などに活用ください。

スーパーブラックジャック2 天井・設定差・スペック解析

      2016/11/18

パチスロ スーパーブラックジャック2©コーエーテクモウェーブ All rights reserved. ©NET CORPORATION

NETのパチスロ「スーパーブラックジャック2」の天井・ゾーン狙い目や設定判別要素、スペックといった解析攻略情報です。

今後新たな解析が判明次第随時更新していきます。

「スーパーブラックジャック」と言えばRioが初めて登場したパチスロ機で、根強いファンも多い機種。

複数のボーナス+ストックタイムで出玉を増やしていくゲーム性で、それぞれの合成確率が非常に軽めなことに加えて設定6の機械割が119%という点に注目です!

<–スポンサード リンク–>

 

主要解析まとめ

※タップで各項目へ一発ジャンプできます。

※【1/9】更新:設定判別要素にゲーム数解除抽選の設定差を追記。

基本スペック

BB合成確率

設定1:1/176
設定2:1/167
設定3:1/157
設定4:1/141
設定5:1/113
設定6:1/79

RB合成確率

設定1:1/304
設定2:1/286
設定3:1/268
設定4:1/238
設定5:1/187
設定6:1/129

ボーナス合成確率

設定1:1/111
設定2:1/105
設定3:1/99
設定4:1/88
設定5:1/70
設定6:1/49

ストックタイム確率

設定1:1/1585
設定2:1/1421
設定3:1/1270
設定4:1/1058
設定5:1/748
設定6:1/445

機械割

設定1:97.1%
設定2:98.6%
設定3:99.9%
設定4:102.8%
設定5:108.7%
設定6:119.9%

天井性能

1.ボーナス後777G消化で擬似ボーナス当選が確定。

2.通常時スイカ10回成立で擬似ボーナス当選が確定。

※設定変更で天井までのゲーム数はリセット。

天井狙い目

・天井狙い目はボーナス間470Gを目安。
・狙い目となるゾーンは特になし。

やめどき

・やめどきはボーナス・ST後の前兆なしを確認してやめ。

打ち方

・左リールにBARを目安にチェリーを狙い、チェリーが停止した場合には中・右リールの目押しは不要。
・スイカ成立時には右リールの目押しは必要なし。

レア小役の停止形

・角チェリー+右リール中段に青7or白7非停止⇒弱チェリー
・角チェリー+右リール中段に青7or白7停止⇒強チェリー
・中段チェリー⇒中段チェリー
・スイカ揃い⇒スイカ

 

<–スポンサード リンク–>

 

設定差解析

特定ボーナス確率

スーパーブラックジャック2 特定ボーナス確率

POINT

・高設定になるにつれ、リアルREG確率とRioボーナス確率が優遇。

弱チェリー+リアルREG重複確率

スーパーブラックジャック2 弱チェ+リアルREG

POINT

・弱チェリー+リアルREG確率に強烈な設定差あり。
⇒複数回確認出来れば高設定濃厚。

ART中ハズレ確率

スーパーブラックジャック2 ART中ハズレ

POINT

・ART中のリアルボーナス成立時にはハズレが出現しやすくなるため、サンプルから除外する必要あり。

ゲーム数でのボーナス解除率

スーパーブラックジャック2 ゲーム数解除※設定差のある部分のみを記載。

POINT

・高設定ほどゲーム数解除抽選が優遇。
・高設定はモードC移行率も優遇されているため、結果的に77G+前兆までの解除期待度が高い。

その他の判別要素

・高設定ほどボーナス中、弱チェリーorスイカ成立時のストック期待度がアップ。
・高設定ほど弱レア小役からの擬似ボーナス当選期待度アップ。
・高設定はスイカ成立時に擬似ボーナス2個放出割合が優遇。

ゾーン振り分け

・ゾロ目ゲーム数到達時に擬似ボーナス放出抽選をしているものの、特別狙い目となってくるようなゾーンはなし。

通常時ゲームフロー

<通常時概要>
・スイカ回数orレア小役成立時に内部的に擬似ボーナスをストック(最大ストック数は256個)。
・ストックした擬似ボーナスは規定ゲーム数消化orレア小役成立時orスイカ当選回数で解除抽選を行う。

<通常ステージ>
・「カジノ<広場<パーティー」の順で期待度アップ。

<連続演出>
・「ルーレット演出/BJ対決/エピソード」といった演出あり。

連続演出別のボーナス期待度

【ミントルーレット】
⇒★×2

【リナスロット】
⇒★×3

【BJ対決】
⇒オーリン・ダンヒル:★×2.5
⇒ローザ・キャニオン:★×3
⇒ミスター・クラーク:★×3
⇒トム・ハワード:★×3.5
⇒ミント・クラーク:★×4

【エピソード演出】
⇒オーリン・ダンヒル:★×3.5
⇒ローザ・キャニオン:★×4
⇒ミスター・クラーク:★×4
⇒トム・ハワード:★×4.5

 

ボーナス概要

※1.ボーナスは純ボーナスと擬似ボーナスが存在。
※2.消化中のレア小役で1G連抽選を行う。
※3.擬似ボーナスの純増枚数は約1.7枚/1G
※4.BIG中はストック告知が異なる4タイプを任意で選択可能。

純ボーナス

<リアルBIGボーナス>(青7揃い)
・約236枚獲得可能の純ボーナス。

<リアルREGボーナス>(青7・青7・BAR)
・約88枚獲得可能の純ボーナス。

擬似ボーナス

<リオBIGボーナス>(白7揃い)
・約120枚獲得可能の擬似ボーナス。

<リオREGボーナス>(白7・白7・BAR)
・約60枚獲得可能の擬似ボーナス。

BIG告知タイプ別の特徴

【リオBIG】⇒チャンス告知
【リナBIG】⇒レバー告知
【BJBIG】⇒連続演出告知
【ミントBIG】⇒最終ゲーム告知

 

ART情報

<ストックタイム>(BAR揃い)
・1セット50Gで純増枚数は約1.7枚/1G、継続率は0%or50%のいずれか。
(※ボーナスを1個もストックできなかった場合には継続確定となる)
・ストックタイムはボーナス高確率ゾーンとなっており、消化中はボーナス確率が約1/17までアップ。
・ストックタイム中に純ボーナスが成立した場合、ボーナス後は50Gからストックタイムが再スタート。

上乗せ特化ゾーン

<リナチャンス>
・ストックタイム中のリーチ目出現時の約15%で突入となるボーナス超高確率ゾーン。
・消化中リーチ目出現率が約1/3までアップ。
・継続率は66%となっており、ハズレ目出現まで継続する。


パチスロ「スーパーブラックジャック2」の導入日は11月16日、導入台数は約10,000台を予定しています。

「ブラックジャック777」のストックタイム機能を擬似ボーナスにより忠実に再現したゲーム性となっており、ツボにハマった時の連チャン性能は非常に破壊力がありそうですね

実績がある機種にしては導入台数が約10,000台と慎重な印象を受けますが、設定6の機械割が119%となっているのが一番の魅力です(^^)

 

まあホールが設定を使ってくれないことには意味はないんですが(苦笑)、設定状況に期待が持てる優良ホールであれば新台導入時には当然狙い目の1機種となってきますね。

最近NETのパチスロはヒット作から遠ざかっているので、既に実績のある「スーパーブラックジャック」シリーズでの巻き返しに期待したいところです。

記事下アドセンス

<--スポンサード リンク-->

 - さ行